のっぺりが顔を立体的に

日本人の私たちが欧米人に憧れても近づけない理由のひとつが、凹凸の少ないのっぺりした骨格ですね。
欧米人と比較してみると、彫りが浅いので平べったい印象になってしまいます。
もう少しメリハリがあると立体的に見えるのに。とは思いますよね。

凹凸があるとどんな利点があるのか

骨格の凹凸がはっきりしていると、印象はどう変わるのでしょうか?
例えば顔の大きさが同じだとしても、額や鼻、顎といった顔の中心が高く、瞼や頬が窪んでいる場合、高くなっている部分に視線が集まりますから、顔の面積は小さく見えます。
これが凹凸の少ない場合は、全体的に横広がりの印象が強く、シャープさに欠けますね。
彫りが深いことがいいことばかりとはいいませんが、きゅっと小顔に見せたり、目鼻立ちをくっきり見せるには、骨格の凹凸を意識したメイクが効果的です

メイクは足すところと引くところが大切

ベースメイクもしっかり、アイメイクもリップメイクも、シェーディングもハイライトもチークもしっかり。
これではただの厚化粧です。
ポイントメイクは一ヵ所に重点を置いて、他を控えめにすることでやりすぎ感はなくなりますね。
ポイントになるのは、他の部分はメイクしない。のではなく、他の部分のメイクは控えめにする。ということです。
メイクは足し算と引き算といわれますね。
足して足して足して。ではやりすぎですし、引いて引いて引いて。ではやらなさすぎです。
どちらも程度問題ですが、どこかを足したらどこかを引く。そんな細かい計算が必要だと思いますよ。

鏡は大きめのものを

よく携帯用のコンパクトミラーでフルメイクをされている方がいらっしゃいますが、外出時のお化粧直しはともかく、自宅でのお化粧にはなるべく大きめの鏡がおススメです。
顔はパーツだけでもないですし、フェイスラインまででもないですよね。
全体のバランスを取るには、少なくとも頭から首の下くらいまではしっかり映る鏡が欲しいものです。
コンパクトミラーはメイクの細かい部分を調整するには便利ですが、全体を見るには小さすぎます。
可能であれば、大きな鏡と小さな鏡の両方を使用することが理想的ではないでしょうか。

トータルバランスを考える

ネットの質問掲示板などを見ていると、アイメイクだけしたい。チークは素肌に塗っても大丈夫ですか。すっぴんで赤リップは変?

そんな内容がとても多く感じます。

中高生といったごく若い方たちが多いということはいえますが、ポイントメイクだけではバランスは取れないだろうな。と感じますね。

 

顔はひとつのパーツだけではない

 

アイメイクだけ、リップメイクだけ、チークだけ。

ベースには一切手を加えず、一部だけにメイクをしたら、そこだけが浮いてしまうことは明らかですよね。

子どもといえる年齢であればお化粧遊び。として許される範疇かもしれませんが、大人の女性がこういったメイクで日常を過ごしていたら、ずいぶん手抜きだなという印象になります。

常に隙のないメイクをしなければいけない。ということではないですが、それなりに全体的なメイクが必要だとは思うのです。

顔は目だけでもなければ唇だけでもありませんね。もちろん肌だけでもないわけです。

メイクをするということはその部分を強調するということですから、ワンポイントだけのメイクは他の部分との差が大きく見えるということですね。

美肌のためには保水力の高い成分を

美肌を保つために必要なことは保湿だけだという美容皮膚学者がいます。
それほど保湿は肌にとって必要なケアなのです。
シミもくすみも、シワですらもしっかりと保湿することで予防したり改善することができるからです。
保湿するためにはまず保水力の高い成分を使う必要があります。
それはヒアルロン酸です。
この物質は1mgで6リットルもの水分を保持できるほどの保湿成分です。
もともと肌の奥にあるこの成分も年齢とともに減少していってしまい乾燥に傾きがちになってしまいます。
そこで必要なことはヒアルロン酸のコスメを使ったりドリンクで摂取して肌を潤わせることなのです。

 

乾燥肌への保水・保湿

乾燥肌の人にとって保水は美肌にとって絶対に必要ですが、どんなに保水してもその後の保湿・保護が大切ということがようやくわかってきました。肌細胞まで浸透する前に蒸発して結局何を塗っても乾いてしまいますので、保湿のための乳液・美容液まで拘らないと意味がないのです。30代以降、いろいろ化粧品を変えて、最初のうちは目新しさで良くなったような錯覚になりますが、結局いい状態を保てないまま“これだ”と思える化粧品に巡り合えない女性は多くいると思います。今、やっと肌の水分を保てるようになったと実感できる商品は、それほど高い価格ではありませんが、シートマスクの保水に馬油を塗るだけです。馬油の力で水分を閉じ込め乾燥を防いでいることが、毛穴・シワも目立たなくなってきました。更に乾燥がひどくなる冬場を乗り越えられるかが楽しみです。

プチ整形でできるイメージアップとは

美容整形というと大掛かりな、リスクを伴うものをイメージされる方もいますが、実は現在の整形は大変手軽で、体への負担も少ないものになっているのです。
そこで若返りができる手術を行う方がたいへん増えています。
たとえば、眉間の表情シワや、口元のほうれい線は老けて見える困った肌トラブルです。
そこでボツリヌス菌を無毒化したボトックスを注入すると、表情シワが消えて、若々しく優しげな表情になることができるのです。
これならメスを使うことなく、体に負担をかけずに若返りすることができます。
このようなプチ整形にはコストもそれほどかからず気軽にできるメリットもあるのです。

 

自分で出来る若返り術

サロンに行くと肌が綺麗になると言いますが、高いお金を掛けているんだから当然だと思うでしょう。しかし若返り術の秘訣は、お金を掛けるだけではありません。施術をする人の手、つまりハンドマッサージが必要不可欠な要素になって来るのです。
例えば自分の手でオイルなどを付け、柔らかくなった肌をなぞるだけでも効果はあります。凝り固まった顔の筋肉がほぐれるので、血流の促進に繋がり、代謝が良くなる事で女性ホルモンの分泌が増加します。また冷え性の人には特にオススメで、顔の熱が指先に伝わる事で、末端にまで血流が行き届くようになるのです。それをリンパの流れやツボをおさえながら行う事で、効果は格段にアップします。
サロンでプロフェッショナルのハンドマッサージを受ければ、躍進的な若返りが期待できますが、それだけで満足してはいけません。自宅でも出来るセルフマッサージを日々行う事が、何よりも重要なのです。

美容整形でアンチエイジングをする

0-37若返りを目指したい方は美容整形が最も近道と言えるでしょう。
この方法にはメスを使った本格的なものから注入で行う手軽なものまでありますから、予算や負担、熱意などを考えて自分にあったものを選ぶことができます。
昔から行われている手術には額を切開して皮膚を引き上げて縫いとめるものがありましたが、現在では同じ効果をもっと
体に負担の少ない方法で行えるようになっています。
切開せずに糸を使った方法ならもっと負担が少なく十分なリフト効果を得ることができ、見た目年齢を劇的に若返らせることができます。
クリニックごとに得意な施術がありますので相談してみるのが良いでしょう。

 

若返りのためのプチ整形

若返りをするためにコスメなどに気を使って熱心にセルフケアしている方でも、なかなか効果が出なくなる時期があります。
そうした時期にはプチ整形でアンチエイジングをすることができるのです。
その方法とはヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸はもともと体にある物質で、一切の副作用がありません。
シワが気になるところ、たるみが気になるところに注入すればふっくらとした若々しい印象にすることができるのです。
このような注入法は整形といってもメスを使わず体への負担も大変低いものですからどなたでも安心して受けることができるのがメリットです。”

自己責任

0-13カラコンはさまざまなサイズがあります。大きな目にしたいという気持ちから大きいものを選択してしまうかもしれません。しかしそれはとても危険な発想なのです。レンズは大きすぎると、その分目の中に固着しやすいのです。結果としてトラブルを起こしやすいです。眼球の大きさやカーブは人によって違います。右目と左目も違うことも多々です。

コンタクトレンズはどれだけ自分の目にフィットするか?という点も大事なんです。カラコンに関しては、製品そのものの安全性への疑問がいつもあります。2009年にはカラコンの製造・輸入にも厚生労働省の承認が必要となり、より安全性も向上したといることが出いますが、カラコンの人気が上昇しているために、テストが十分になされているかどうか?という点についてはまだ疑問が残っています。カラコンを用いておしゃれをするという気持ちはわかりますが、それでも安全性については自己責任です。

 

トラブルが起こる理由

カラコン使用者がとても増加してきています。しかしこのカラコンですが、眼障害でとくに問題になることがあります。これは微生物の感染によって生じる角膜潰瘍と角膜浸潤です。角膜の上皮に深く傷がついてしまうと、ひどい場合は失明にまでいたることもあるのです。
さらに角膜が白く濁る角膜浸潤になることもあるのです。カラコンは度なしレンズなために、多くの人が眼科医の検査を受けないままで使用しているというケースがとても多いのです。そのために多くのトラブルが起こっているのも事実です。そのために国民生活センターが注意喚起をしています。

カラーコンタクトレンズはすべて高度管理医療機器であることを忘れてしまって、気軽にあまりにも使用しているようです、そのために安全性が高いと言われているブランドでも、目に合わなければトラブルを起こすことも十分に考えられるのです。

ほうれい線を消して若返りを

0-62年齢を重ねるとほうれい線が目立ち、深くなります。
そして老けて見えます。
なぜほうれい線はできるのでしょうか。
乾燥、年齢による肌のたるみ、ストレスなど原因はさまざまです。
また、生活習慣が原因の場合もあります。
例えば片側だけで噛む、紫外線を浴びるということも原因になります。
骨格で線ができやすい人もいます。
ほうれい線を消すことはできるでしょうか。
残念ながら、完全に消すことはできません。
しかし、表情筋を鍛えることによって、皮膚のたるみを改善することができます。
また、乾燥しないように保湿を充分にすることが大切です。

 

若返りのための美容整形はリフト

年齢を重ねるほどに若々しさがなくなってしまうという時に、頼れるのが美容整形です。
こうしたクリニックではさまざまなアンチエイジングを行っていますが、顔の印象を一気に若々しく変える方法がリフトです。
リフトの手術は実は多くの芸能人が取り入れているもので、顔や首にたくさんの糸を入れてリフトをし、若々しさを保っているのです。
人気があるのは金の糸を入れるリフトです。
これは金が体に対して最も影響を与えない親和性のある物質だからです。
額から糸を入れて、顔全体をリフトをすれば、10歳若返った印象になることができるのです。”

無駄毛の基準

男性の体毛・脱毛に関する意識が高まる中で、男性が無駄毛に対してどう見ているか?ということを女性は考えているのでしょうか?ある調査では、女性の51.6%が男性のムダ毛についてケアをする必要がないと回答しています。男性への無駄毛の意識がどんどん高まっている一方で、女性に関しては半数以上が男性のムダ毛はケアする必要なし、と思っていることがわかっています。

調査は、男性258名、女性258名、計516名を対象に行われており、男性にケアして欲しいと答えてる女性は33%しかいないのです。しかもとても興味深いのは、その男性に無駄毛の処理を求める理由です。不潔に見えるようならして欲しい・熊みたいな人はある程度して欲しいなどの不潔に見えるなどの衛生的な問題なのです。つまりそこまでもじゃもじゃでないならば、無駄毛の処理をする必要はないということなのです。

 

男性の体毛に関して

最近脱毛男子流行ってるらしいです。でも女性としてはなんか男の人が黙って毛剃ってるの想像すると複雑な気分になるというのが、個人的な考えです。男性なのだし、しかも毛があるように人間は作られています。そのことを考えると人間だから男性も毛あっていいよといいたくなります。わたし気にしないのですが、この世の中の女性はどうなのでしょうか?やはり気にするのか?と、思っていたところなんと多くの女性が気にしないとのことです。

もちろん女性の中には、すね剃ってトゥルトゥルにする脱毛男子って流行ってるらしいけど涼しげでいいと思うと思う人もいます。

その一方で冷静に、最近周りに脱毛系男子が増えてるんだけど、商業戦略に踊らされてる人としか思えないという、ちょっと厳しい意見もあります。男性の体毛に関しては、ものすごくもじゃもじゃでない限り、脱毛をする必要はないのでは?と、思います。

カラコンリスク

0-84昔からコンタクトレンズに対してはリスクが大きく取り上げられてきました。しかしコンタクトレンズの利便性から、そのリスクにもかかわらずに人気は上昇しています。特にカラコンの人気はすごいです。カラコンを使用する人はおしゃれ目的で利用する人が多いので、カラコンのリスクについて十分に検討せずに利用するという人も多いのです。

ではどんなリスクがあるのでしょうか?一般的にコンタクトは十分に酸素を透過することが求められるため、透明なレンズには安全性の高い新素材であるということが安全にはかかせません。しかしカラコンでは酸素を通しづらい古い素材のままの製品である場合がまだまだ多いのです。このような古い形のカラコンを装着すると、角膜は酸素不足になってしまいます。
そこから眼障害を生じます。また色素が角膜や結膜に刺激を与えて障害に成ることもあります。

 

 正しく使用する

カラコンの取り扱いには十分の注意が必要です。さらにそれだけではありません。レンズケアが不適切であるとトラブルが生じてしまうのです。そのために1つ1つのカラコンについてくる添付文書に目をしっかりと通すことが必要です。とくにありがちなミスとしては1日タイプなのに、何日かオーバーして使用するということです。必ず1日タイプならば1日で、2週間タイプなら絶対に2週間以内で使い終えることを行いましょう。誤った使い方をしたために、入院して治療するほどの重篤な障害にいたってしまったという人もいます。さらにレンズ径が16ミリという大きなものもあります。

しかし。カラコンは大きければ大きいほどいいという考えはとても危険なのです。カラコンのサイズが大きければ大きいほど、目への密着が高くなります。トラブルがより多くなるのです。そこで正しい知識が必要であることがわかります。